電化製品

シャープ電子ノートWG-PN1のレビュー※一度使うと手放せなくなる便利さ!

今回はシャープ電子ノートWG-PN1について紹介します。

電子ノートなんて使わなくてもスマホやタブレットのアプリを使えばいいのではないかと考える人も多いと思います。

私もそう思っていましたが、実際に使い始めると以下のような点が気に入り使い勝手がよく手放せなくなりました。

 

  • 大き過ぎず小さ過ぎない絶妙なサイズ感
  • 紙の手帳・ノートに限りなく近い感覚で利用できること
  • 頻繁に充電する必要がないこと(1日2時間の使用で10日間使用可能)

 

この記事では最新のシャープ電子ノートWG-PN1について、前モデルとの比較や出来ること(機能)について紹介しています。


 

シャープ電子ノートWG-PN1の基本情報

名称 WG-PN1
販売 シャープ
表示 6.5型 600×800 ドット
電子ペーパーディスプレイ
サイズ 幅114mm×奥行157mm×厚さ10.4mm
使用時間 約10日(※1日2時間使用の場合)
充電時間 約5時間30分
充電端子 USB Type-C端子
実勢価格 18,000円前後

シャープ電子ノートWG-PN1の外観と特徴

こちらがシャープ電子ノートWG-PN1の付属品一式です。

シャープ電子ノートWG-PN1

充電用のUSBケーブルはType-Cになります。

シャープ電子ノートWG-PN1 USBケーブル

スタイラスペンです。

シャープ電子ノートWG-PN1 スタイラスペン

青の手帳型カバーも付いています。

シャープ電子ノートWG-PN1 カバー

手帳カバーには名刺やペンなども収納できます。

シャープ電子ノートWG-PN1

こちらが本体になります。

シャープ電子ノートWG-PN1

本体の底部分にUSBポートがあります。

シャープ電子ノートWG-PN1

背面には手帳カバーに収納するためのワイヤークリップが付いています。

シャープ電子ノートWG-PN1


 

シャープ電子ノートWG-PN1と前モデルWG-S50との比較

WG-PN1と前モデルのWG-S50とを比較してみます。

外観

本体のサイズはほぼ同じです。

シャープ電子ノート WG-PN1 WG-S50

WG-PN1はが電源ボタンが画面下にあるので電源を入れるのがより簡単になりました。

シャープ電子ノート WG-PN1

また画面最下部にキーシートが追加されて、スケジュール、ノート、TO DOなどの機能を選択するのも簡単になっています(前バージョンのWG-S50は一旦ホーム画面に戻って機能を選択する必要がありました)。

画面

続いて、表示画面についての比較です。WG-PN1はE Ink社製の電子ペーパーディスプレイが採用されているのに対してWG-S50はメモリ液晶です。

シャープ電子ノート WG-PN1

WG-PN1

シャープ電子ノート WG-S50

WG-S50

WG-PN1は前モデルのWG-S50に比べると画面の表示はかなり明るくなりだいぶ見やすくなったと感じます。

シャープ電子ノート WG-PN1

WG-PN1

シャープ電子ノート WG-S50

WG-S50

WG-PN1は画面のコントラストが高く斜め横から見てもくっきりと見えます。

書き心地

付属のスタイラスペンについては全く同じものでした。

シャープ電子ノート WG-PN1 WG-S50 スタイラスペン

電子ノートへの書き心地については、前モデルのWG-S50ではカチカチと少し力を入れて書かなければいけなかったのに対して、WG-PN1は力を入れなくてもスムーズに書くことができます。

WG-PN1の書き心地は紙にボールペンで書いている感触に近いと個人的には感じました。


 

シャープ電子ノートWG-PN1で出来ること

続いて、シャープ電子ノートWG-PN1で出来ることについて紹介します。

基本機能

スケジュール

シャープ電子ノートWG-PN1ででは、最大9冊、最大合計1,000ページ分のスケジュールの作成が可能です。

シャープ電子ノート WG-PN1 スケジュール

フォーマットは以下のような9つから選択が可能です。

シャープ電子ノート WG-PN1 スケジュール

スケジュールフォームは追加も可能です。

ノート

シャープ電子ノートWG-PN1ででは、最大100冊、最大合計5,000ページ分のノートの作成が可能です。

シャープ電子ノート WG-PN1 ノート

以下のような18種類のノートフォームを選択することができます。

シャープ電子ノート WG-PN1 ノート

シャープ電子ノート WG-PN1 ノート

ノートフォームは追加も可能です。

TO DO

シャープ電子ノートWG-PN1では、最大100冊、最大合計1,000ページ分のTO DOの作成が可能です。

シャープ電子ノート WG-PN1 TO DO

その他

外部連携

外部連携に関してはPCとのみUSB接続できます。

シャープ電子ノート WG-PN1

PCとの連携で出来ることは以下になります。

  • スケジュール、ノート、TO DOの書き出し
  • ユーザーデータ(フォーム、スタンプ)の取り込み
  • バックアップファイルの作成と繁栄

電子ノートをPCに接続すると以下のようなフォルダが開きます。

シャープ電子ノート WG-PN1 PC 連携

対象データのバックアップを行うと、「BACKUP」フォルダ内にenote.bkupというファイル名でバックアップファイルが出来ます。

シャープ電子ノート WG-PN1 バックアップ

バックアップを行うごとにバックアップファイルは上書きされます。

ノートデータの書き出しを行うと「EXPORT」フォルダ内に以下のようなbmp形式のファイルが作成されます。

シャープ電子ノート WG-PN1 エクスポート 書き出し

PCで開いたbmpファイルのサンプルです。

シャープ電子ノート WG-PN1 エクスポート 書き出し

出力されたファイルをbmp形式からpdf形式に変換して結合すれば、電子ノートで作成した複数ページのノートを1つのpdfファイルにして閲覧するといったことも可能になります。

また、SHARP電子ノートユーティリティというソフトウェアを利用することでフォームの作成やバックアップファイルの管理などが行えます。

シャープ電子ノートユーティリティ

その他設定

設定機能では、電子ノート本体の様々な設定や調整が出来ます。

シャープ電子ノート WG-PN1 設定

セキュリティ機能を有効にすると起動時に4桁の暗証番号の入力が必要になります。

シャープ電子ノート WG-PN1 セキュリティ 暗証番号

おわりに

以上、シャープ電子ノートWG-PN1についての紹介でした。

タブレットやスマホのアプリではダメなのか?と思う人も多いと思いますが、

 

  • 大き過ぎず小さ過ぎない絶妙なサイズ感
  • 紙の手帳・ノートに限りなく近い感覚で利用できること
  • 頻繁に充電する必要がないこと(1日2時間の使用で10日間使用可能)

 

などなど、一度使い始めると手放せなくなる便利さで、前モデルから約3年近くシャープの電子ノートを使っています。

デジタルとアナログの中間のような存在で非常に使い勝手がいい電子ノートです。


 

人気記事

1

今回はにしたんクリニックの新型コロナウイルス郵送PCR検査キットについてレビューします。 実際に検査キットを購入しPCR検査を受けてみたので、検査のやり方・流れ、結果が出るまでの時間などについて詳しく ...

-電化製品